無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
初めてのヌードモデル(準備編1)
自分のヌードは時々セルフで撮っていたが、ずっと自分のヌードを撮ってもらいたいと思っていた。しかし、女性のヌードを撮る人はたくさんいても、男性のものを撮る人は少なかった。ある日男性ヌードを撮る人のサイトを見つけた。同性愛関係のようであるが、自分は異性愛者だと明記しさらに自分のヌード写真を添付した上で迷わずお願いした。
撮影の前の準備・注意事項として、日焼けサロンに行った方がよい、下着の跡がつかないようにゆるめの下着を着けるか、または下着は着けない方がよいとのことであった。日焼けサロンはともかく、下着の件は以前ヌードモデルとなった女性が、その期間中下着を着けなかった話を聞いたことがあり、自分がヌードモデルとなることを実感したものである。
Nudish
この頃は景色が良くて他に誰もいない(来そうもない)ところに行って裸になりセルフでヌード写真をよく撮った。そしてそれらの写真をあるところに投稿した。それを見たカメラマンの方からアドバイスをいただくこともあった。そして、ある日「Nudish(女性に見せたい男性ヌード)」という女性が運営されているサイトを見つけそこに投稿してみた。このNudishでは顔は写っていない写真を投稿する決まりで、これがそのNudishに投稿した写真である。残念ながらNudishは閉鎖されてしまったが、いつの日か復活して欲しいものである。
ビデオボックス4
制限時間が近づき、なぶり箱から出て、椅子の上に座った。汚れないように椅子の上にペーパータオルが敷かれていたのが医療プレイっぽくてよかった。最初はここでも足を開いたりなど、いろいろ撮ってもらった。最後は女性の前で自分でしごき、出るところまで見てもらった。精子はウエットティッシュで拭いてもらったが、手を洗いたかったので、全裸のままこの店の外にあるトイレに女性と一緒に行った。そして、全裸のままおしっこをしているところを見てもらった。

制限時間が近づき椅子に座って・・・

足を開いたり・・・

最後は手でしごいて出します
ビデオボックス3
その処置とは陰茎にティッシュを巻き付けられセロテープで止められることであった。2人の女性はこの作業を「すごい」などと言い、はしゃぎながらやっていた。まるで医療行為のようで興奮した。それから、下半身中心にいろいろな角度で撮られる。
ティッシュを巻き付けられました
いろいろな角度から撮られました


それでも、先の方は濡れてしまった。
先が濡れているのが分かりますよね
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close