無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
おちん○んのすべて
ある日「包茎手術」で検索して、「おちん○んのすべて」というサイトを見つけた。そこにはおちんちんにまつわる体験談や、モザイクがついていたもののおちんちんの写真が載っていた。他人の写真を見ても仕方ないのであるが、自分のものも載せてもらいたいと思ったが、ある程度勇気が必要だった。
まずは包茎手術の体験談を載せてもらった。
http://operation-zzz.seesaa.net/
と同じ内容のものである。管理人さんも興味を持ってくださった。しかし写真は躊躇した。
初めてのヌード撮影
誰も来そうもないときは、外で裸になることは時々ありましたが、これは初めて全裸を撮影したときのものです。初めての時はかなり勇気がいりました。
外で全裸になり初めて撮影した写真
初めての導尿、ヌード撮影4
排泄後、再び内診台の上へ。今度は肛門に棒を入れられた。初めてだったこともあり気持ちいいような、痛くて苦しいような不思議な感触だった。
校門に棒を入れられる
その後足をさらに広げられ肛門鏡を装着される。肛門鏡の経験はこの時だけである。
肛門鏡を装着されました。
直腸の中が丸見えです。
肛門鏡を装着したまま中をかき回されます。こんなことをしている最中に別の女性がカーテンの隙間から覗いていましたが、それがまた刺激的でした。
直腸の中をかき回されました
肛門鏡を外された直後で、まだ肛門が広がっています。
肛門鏡を外されると、また棒を入れられ今度は性器も刺激されます。
肛門に棒を入れられ性器を刺激されます。
導尿後だったので性器を刺激されても痛いだけでした。それでもきちんと精子は出ましたが、気持ちよさはありませんでした。
精子を採取されたあとはシャワーを浴び、服を着て店を出ましたが、初めての導尿で尿道が傷ついたせいか、尿が漏れているような感触があり気持ちよくありませんでした。(実際に少し漏れているようでした。)また少し出血もありました。帰宅後、包茎手術の時のように初めての排尿が怖かったですが、数日は排尿時に痛み、立って排尿する気にはなれませんでした。

初めての導尿、ヌード撮影3
導尿の次は浣腸である。
浣腸は2回目なのでそれほど緊張感はなかった。
2回目の浣腸。ただし撮影は初めて。
まずは浣腸器で浣腸される。
指で直腸を刺激
指を入れられるのは気持ちいい。
この間カーテンが開いていてボンテージ(?)を身につけた男性が女性と一緒にが歩いているのが見える。こちらの様子も見えただろうか。
しばらく我慢してから全裸のままトイレに行き排泄する。

初めての導尿、ヌード撮影2
全裸での内診台は前回と同じであったが、違うのはビデオカメラが設置されていることであった。全裸で内診台に載っている姿を撮影される・・・。非常に刺激的であった。
治療は導尿から始まる。導尿は非常に興味があったが、反面初めてだったので恐怖感があった。写真はビデオで撮影したものをさらにデジカメで撮ったものである。
性器の撮影はこれが初めて
当然のことながら裸になった時点からずっと勃起していた。そして勃起したペニスの尿道口からカテーテルが入る。痛い。この時は快感はほとんど感じなかったと思う。
カテーテルが尿道に入る
潤滑剤(おそらくキシロカイン)をつけながらカテーテルがどんどん奥に入っていく。
潤滑剤をつけながらカテーテルが奥に入っていく
そしてチクって感覚とともにカテーテルが膀胱に入る。
カテーテルが膀胱まで入りました。
カテーテルが膀胱まで入っても尿は出なかった。というのは治療前にトイレに行ってしまっていたからである。そのため注射器でカテーテルから膀胱に水が注がれる。膀胱洗浄である。
膀胱洗浄です
何回か水を注入され、しばらくすると尿が出てきた。不思議な感触である。
尿が出てきました




copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close