無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
はじめてのオナニー
毛が生えてからは、毛を抜いてそのあと手術を思い出しておちんちんをいることが増えました。夢精というものは知っていましたが、具体的にどういうことなのかは分かりませんでした。
中学入学直後のある日、毛を抜いた後いじっていたらおしっこが出るような感触がして、怖くなって止めてしまいました。
それから数日後、同じことをしておしっこが出るような感触がしましたが、止めずに続けていたら、おちんちんの先から白い液が出てきました。これが夢精かと思ったのですが、ちょっと違ったようです。
手術を受けたい
小6の頃からまたあのような手術を受けたいと思うようになりました。この頃から、学校で包茎(という言葉はまだこの頃は知らなかった)検査をすることや、手術をすることすら想像していました。
初めての野外露出
同級生と一緒だとからかわれるので、裸にはなれませんでしたが、その反動からか、裸になりたい、見られたいという願望が小6の頃から芽生えてきました。初めて外で露出(というほどのものではないが)した時は、川原で立ちしょんをするふりして、おちんちんを出しました。
また、この頃からおちんちんをいじることも増え、またあのような手術を受けたいという気持ちを持つようになりました。
幼稚園児の頃から女の子に生まれればよかったという気持ちを持っていましたが、女の子の洋服を着たいと思うようになったのもこの頃です。
手術直後は亀頭は完全に隠れて先の方だけが見える状態でしたが、だんだん露出している時間が増えてきました。完全に隠れている時は入浴時にむくと恥垢がたまっているのが確認できましたが、だんだんそれもなくなりました。毛が生えてきたのは小6の夏休みで、「ついに・・・」と思ったものです。これが嫌で中学生の頃までよく剃っていました。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close