無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
初めてのヌードモデル4
裸になるのは気持ちいいものである。それが屋内であっても他に誰もいなくてもである。見ているのが同性だけであっても、見られているさらに写真を撮られている・・・、そして裸なのは自分だけである・・・。この状態は非常に快感であった。だから完全ではないが勃起する、そして先の方から透明な液体が出てしまう。これは自然なことであったと思う。一人でヌードを撮るときは勃起はしないが、透明な液体は出ることが多い。

先から透明な液体が出ているのがわかりますか? わかりにくいですが、先から糸を引いています



初めてのヌードモデル3
ポーズは写真を撮るごとにではなく、ずっと動いているような感じで、かなりの運動量であった。カメラマンお話によると「モデルもかなり疲れる」とのことだった。途中で小道具を使ったりといろんなポーズをとったが、そのうち勃起してきたことに自分でも気づいていた。同性の前でまずいと思ったが、カメラマンも気づいていたようで「おちんちん大きくしていいよ」と言われたが、それ以上は大きくならないようにした。もし女性カメラマンだったら最初から大きくなっていることは言うまでもない。さらに先の方から・・・。

脚を開いて・・・ おちんちんが大きくなって、そして・・・

初めてのヌードモデル2
2人の前で服を全部脱いだ。見られるのは同性でも恥ずかしくはない。全部脱いだ後カメラマンは下着の跡をチェックする。そして全裸の私の脇でアシスタントがカメラの露出をチェックする。
いよいよ撮影である。ポーズをとるようにと言われたが、どのようなポーズをとっていいのか分からない。すると、アシスタントの方が教えてくださった。

そしてこの写真が記念すべき1枚目のものである。ちなみにこの頃は毛の処理はほとんどしていなかった。

記念すべきヌードモデルとしての1枚目
初めてのヌードモデル1
いよいよヌードモデルになる日が来た。前日からゆるめの(古い)下着を身につけて跡がつかないようにした。気持ちが高ぶり少し早めに家を出て、少し早めにカメラマンのご自宅兼スタジオに到着する。恐る恐る玄関のチャイムを鳴らす。中からいかにもプロカメラマンと言った風貌の年配の男性が出てきてちょっとほっとする。そのカメラマンは主に男性を撮っているそうで、私は異性愛者であることを前もって伝えていた。しばらくして、アシスタントの方も来た。この方は20代と思われる男性である。そして、いよいよ脱ぐことに・・・。
初めてのヌードモデル(準備編2)
カメラマンの指示に従い日焼けサロンに行くことにした。初めてなので勝手は分からないが、とりあえず最初に見つけたところに入ってみた。
受付には若い女性がいた。その女性からコースについての説明を受け、30分のコースを選んだ。女性に導かれ更衣室へ行き、そこで全部脱ぎ全身にオイルを塗った。そして腰にタオルを巻いて、女性に準備ができた旨を伝え、日焼けマシンに案内され、その中に入る。中にはいるとタオルを取り、全身が日焼けするように全裸になった。日焼けマシンの中にいる間はとにかく暇で時間も分からない。制限時間が来ると自動的にスイッチが切れて自分で日焼けマシンから出てシャワーを浴び服を着た。この間誰かに裸を見られることはなかった。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close