無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
初めての導尿、ヌード撮影1
初めて医療プレイをして興奮はしたが、費用のこともありしばらくは行っていなかった。また、密かに自分の性器や裸を撮影されたいと思っていたし、包茎手術で入院中に他の人がされていた導尿というものもされたいと思っていた。
カルテ通信の広告でそのようなことができるところがあるのは知っていたが、なかなか勇気がなかった。店の前までは行ったことがあるものも、明らかに女装した人が出入りするのを見て(他人が女装しているのも見るのは好きではない)、非常に入りづらい雰囲気だった。
ある日勇気を出して電話をし、行ってみることにした。
出迎えてくれたのはちょっと年配の女性だった。しかし女性なら贅沢は言えないと思った。
内診台がある小部屋に案内され、全裸になりしばらく待った。
しばらくすると先ほどの女性が入ってきて内診台の上に載った。久しぶりの内診台は刺激的であった。
初めての医療プレイ2
初めて内診台に載って足を開いた。全裸なのがちょっと非現実的かもしれないが、女装しての内診台なんて夢のまた夢だったので十分満足だった。内診台の上ではまず浣腸である。ビニールのおむつのようなものをつけられたが、そのおむつのようなもの先は内診台の踏み段の部分に置かれたバケツの中に入っていた。初めての浣腸、入れられるときはドキドキだった。自分の限界は知らなかったが、できる限り我慢をした。この時はどのくらい入ったかは記憶にないが、とにかく初めてのことばかりで緊張と興奮の連続であった。最後に「前を出してもらう」とのことで、ペニスを刺激され前からも出した。

写真はこの時のものではありません。
初めての医療プレイ1
カルテ通信を初めて見てから1年くらい経った頃だろうか。ある書店でやはりカルテ通信を見つけ多短時間立ち読みした後に購入した。立ち読みしていたときに、その書店から近いところに医療プレイができるところがあることを知り、多少躊躇しながらも思い切って電話をした。電話をすると女性の声で産婦人科の台に載ってもらい浣腸をする・・・。などの説明を受けた。場所は最寄り駅に着いてから説明するので、指定した場所に着いたら電話してくれとのことだった。最寄り駅に着き2回ほど電話して、指定された場所に着くと、30^40代くらいの白衣姿の女性が出迎えてくれた。
診察室(?)に入ると初めて見る産婦人科の内診台があった。全裸になり、シャワーを浴びて診察室に戻るとまずは診察台で性感マッサージをするとのことで、診察台に仰向けになり、まずはマッサージを受ける。その後四つんばいになるように指示され、肛門周辺を刺激され、それから肛門に指を入れられ前立腺を刺激される。性感は以前にも経験があったが、肛門に指を入れられるのも気持ちいい。前立腺の他にペニスも刺激されたが、診察台の上では精子は出なかった。
カルテ通信との出会い
女性とセックスするようになってからもオナニーの時は手術を思い出して(想像して)いた。こういうのは自分だけだとは思っていた。ある日、書店でカルテ通信という雑誌を見つけ、迷わず購入した。写真はやらせっぽいところもあったが、産婦人科の内診台などとても興奮する内容だった。また、この時に内診台の上で浣腸などを経験できるところがあることを知り、非常に行きたいと思ったが、行くには勇気が必要だった。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close