無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
女装オナニー
今では女装するとかえって性器は縮むのであるが、最初の頃は興奮して勃起し、それが持続した。セーラー服を着てしばらくすると我慢ができなくなり、仰向けになり、スカートを膜ってショーツを脱いだ。女子高生になって診察を受けることを想像した。この状態で精子を出すとスカートが汚れるので、スカートを脱いだ。セーラー服の上だけを着ている姿はすごくいやらしいと思った。その状態で手術あるいは治療を受けることを想像して性器をしごいた。いつもよりも早くそして大量に精子が出たと思う。しばらくは時々このようなことをしていた。
初めてセーラー服を着た
家に帰ってから、ブラジャーを着けてみた。初めてなので、ホックをはめるのが大変だった。そしてショーツを履く。すると勃起した陰茎だけでなく陰嚢もはみ出た。もちろん陰毛もはみ出ていて非常にみっともない姿だった。そしてセーラー服を着る。上はいいのだが、スカートは勃起した性器で股間の部分が持ち上がり非常にみっともなかった。
初めての時はしばらくそのままでいたと思う。
初めての女装
小さい時から女の子になりたいという願望があり、小6くらいから女の子の服を着たいという願望があった。しかし、せいぜい中学生の時に女の子の着替えのまねをするくらいで、実現できずにいた。
大人になってからのある日、中古のセーラー服を売っている店があることを知った。すごく興味があったが、そう言う店にはいるのも勇気が必要だった。そして、そう言う店の存在を知って1年くらい経ってからだろうか、ついにそのような店に行った。
店の中にはセーラー服や下着などたくさんのものが売っていた。その中で自分が着れそうな大きめのセーラー服、そして水色の水着、ブラジャー、ショーツを買った。
初めて身につける時はとても興奮した。
オナニーの時の想像
しばらくはノーマルとは言っても、オナニーの時は女性とのSEXとかではなく、手術や性器の検査のことを想像することが多かった。奥手ながらも女性とのSEXは高校卒業後に経験していた。(SEXのやり方(?)を知ったのは中3の時ですからかなり奥手ですよね)
手術の時は、看護婦に呼ばれ、4・5人の看護婦が見ているところで手術台の上で横になり、看護婦に下を全部脱がされた。このような体験はこの時だけであった。手術を受けたのが小2だったので、相手が大人と言うこともあり、恥ずかしさは全くなかったのだが、この体験が大人になってから女性に性器を見られても恥ずかしくないということに影響していると思われる。下を脱がされた後全身に白い布をかけられ、性器の部分だけ布を切り取られた。性器だけが丸出しの状態であった。その周りに4・5人の看護婦がいる・・・。手術を担当したのは男性医師だったが、看護婦が見ているところで、皮とは言っても性器が切り取られ、傷跡が縫合される。だから性器を責められるのを見られたいという願望が芽生えたのである。手術終了後、布が取られ、性器を消毒され、お尻を拭かれ、性器にガーゼが貼り付けられ、ふんどしのような形のT字帯を着けられる。これらは全て看護婦により行われた。手術後、排尿の後の消毒、その他の手当、ガーゼ貼り付け、T字帯の着脱も看護婦である。また手術後、下はT字帯だけの姿を数人の女子高生(多分)グループに見られている。入院中は下はT字帯だけの姿で寝ていた。こんな体験がその後の性癖に大きく影響している。
中学生の頃オナニーを覚えてから、手術のシーンを回想しながら、今だったら毛を剃られるだろうと想像しながら仰向けになってオナニーをしていた。また検査で看護婦の前でパンツを降ろすことも・・・。また手術受けたいという願望もあったが、包茎手術を2度受けることは不可能である。下半身丸出しになる手術を受けたいという願望もあったが、幸か不幸か陰嚢皮角血管種以外はまだその機会は訪れていない。
手術は想像よりも痛くなかったが、それでも痛かった。その痛みをまた体験したい。性器に注射を打たれたい・・・。そんな願望もあり、数年前に本格的(?)にSMを始めてから、性器への蝋燭や針に病みつきになっている。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close