無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
手術を受ける夢を見た
手術を受けるために下半身裸で手術台に横たわる夢を見たことがあるのですが、そういう時はなぜか手術前に目が覚めてしまうものです。
そうなるとその日のうちにその続きを見るために病院(?)に行きます。
これは初めて医療プレイをしたところの室内の様子です。プレイ中は撮れなかったので、部屋で一人の時に室内の様子のみ撮りました。
初めて載った内診台
診察台
浣腸に使うイルリガートル

混浴露天風呂での撮影
混浴露天風呂にもよく行ったが、昼は他に誰もいないことも多かった。そんなときは、自分のヌード写真を撮ることもあった。
混浴露天風呂でのヌード撮影
性器写真
その後、いろいろなアングル、いろいろな状態の性器の写真を撮った。インターネット上で知り合った女性と写真を交換することもあり、リクエストにも応じた。
まずはコンドームを着けた写真。意外とツートンカラーが分かります。コンドームを着けました
コンドームを着けました
仰向けになって下から撮ってみたり。
下から撮った写真
女性からリクエストされて撮った精子が出た写真。
精子が出た写真
精子が出た写真



ついに自分の性器が載った
やはり多少の不安はあるものの、自分の性器を多くの人に見てもらいたいという願望があった。「モザイク付きなので大丈夫」という管理人さんの言葉もあり、思い切って載せることにした。そのための写真は、勃起していてかつ手術跡やツートンカラーであることが分かる写真にしようと思い、フラッシュを使うとツートンカラーがよく分からなくなるので、フラッシュなしで撮ることにした。
撮影は下半身裸になり、仰向けになって撮ることにした。フラッシュなしなので難しい。何回も失敗をして何とか撮ったのがこの写真である。
はじめてインターネット上に載った自分の性器の写真

この写真を「おちん○んのすべて」でモザイク付きであるが、手術跡が分かるように、そして解説付きで載せてもらった。自分の性器の写真が載って恥ずかしさもあるものの、うれしかった。
初めてのセルフヌード
それから数日経って、はじめて自分で自分の性器の写真を撮ることにした。ズボンとパンツを降ろして撮るのであるが、自分で撮るのは意外と難しい。
最初は上から撮る。撮影距離が近すぎてピントがなかなか合わない。できるだけ包茎手術の跡が分かるような写真を撮ろうとした。
手術跡が分かるように撮りました
ツートンカラーが分かるでしょうか?

平常時の写真を撮った後は勃起した写真を撮ろうとした。普段女性の前で裸になっただけで勃起するので、写真を撮ろうとしただけで勃起するかと思ったが、そうではなかった。しかし我慢汁はすぐに出た。
勃起させるためにしごいたがなかなかうまくいかない。何とか勃起させて写真を撮ったが、すぐに元に戻ってしまった。
なんとか勃起させて撮りました。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close