無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
初めての野外露出
同級生と一緒だとからかわれるので、裸にはなれませんでしたが、その反動からか、裸になりたい、見られたいという願望が小6の頃から芽生えてきました。初めて外で露出(というほどのものではないが)した時は、川原で立ちしょんをするふりして、おちんちんを出しました。
また、この頃からおちんちんをいじることも増え、またあのような手術を受けたいという気持ちを持つようになりました。
幼稚園児の頃から女の子に生まれればよかったという気持ちを持っていましたが、女の子の洋服を着たいと思うようになったのもこの頃です。
手術直後は亀頭は完全に隠れて先の方だけが見える状態でしたが、だんだん露出している時間が増えてきました。完全に隠れている時は入浴時にむくと恥垢がたまっているのが確認できましたが、だんだんそれもなくなりました。毛が生えてきたのは小6の夏休みで、「ついに・・・」と思ったものです。これが嫌で中学生の頃までよく剃っていました。
本当は見せたい
小4や小5の時、たまに同級生同士でおちんちんの見せ合いをすることがありました。当然私は見せることができません。「同じのが付いているんだから」と何度もパンツを脱ぐように催促されましたが、1回も脱げませんでした。こういう時は見せられる友人達がうらやましくて仕方ありませんでした。
また、遠足の時に1回だけパンツを降ろされた時がありましたが、前を必死で押さえたので、見られてはいないと思います。
小6になると水泳の授業の前後に隠さずに着替えることがはやりました。やはりこのようなことができる友人達がうらやましくて仕方ありませんでした。
小学校の修学旅行では、入浴時に見られるのが怖かったです。幸い親しい友人が風邪を引いたので、便乗して入りませんでした。中学校の修学旅行でも入りませんでした。
小4の時女湯に入った話
手術後1回だけ母と温泉の女湯に入ったことがあります。おちんちんを同級生に見られるのはからかわれるので嫌でしたが、大人に見られるのはたとえ女の人でも平気でした。というより男女は意識していませんでした。
母と一緒に女湯に入った時も隠すことは全くせず、堂々と入りました。後で考えると無毛で向けている性器を何人かの女性に見られたわけで、見た人がどのように思ったか気になるところであります。
手術後のこと
手術後おちんちんの形が全く変わってしまったことにはびっくりしました。それと同時に(同級生に)見せられないと思ったものです。もし見られたらからかわれるのは必至です。それでも学校で普通におしっこをしましたが、見られないように努力したものです。
当時は包茎など知らなかったので、自分の病気は「おしっこの出が悪い」ことだと思っていました。でも手術後の形が変わったおちんちんは結構気に入っていたような気がします。

包茎手術に関しては
http://operation-zzz.seesaa.net/

をご覧ください。
手術前のこと
手術前は包皮口が小さかったため、おしっこの出が悪かったようでした。おしっこの度に包皮が膨らみ、終わると縮みました。でもこれで普通だと思っていましたが、これに気付いた同級生達は私がおしっこをする時に見に来て、からかわれることもありましたが、それも全然気にしませんでした。

包茎手術に関しては
http://operation-zzz.seesaa.net/

をご覧ください。
copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close