無料
エロ
動画
今まで、ヌードモデル、医療プレイ、その他SM、女装、性器ピアスなどを経験しました。恥ずかしい姿を見てください。
SM出会い研究所に紹介されました
このブログがSM出会い研究所に紹介されました。
http://sm.adult-jp.com/category/317165-1.html


学術的立地から見ても貴重な記録だそうですが、子供の時に包茎手術を受け、性器の形が変わってしまった人は滅多にいないと思うのでそうなるのでしょうか。
学術的に役に立つのであれば光栄です。
包茎手術体験談はこちら
http://operation-zzz.seesaa.net/


さて、今までMになった経歴を書いてきましたが、ここで現在の性器の状態をご紹介します。
毎日毛を剃っているのでもちろん無毛です。
ピアスホールは以下の通りです。
尿道口(プリンスアルバート)1
亀頭貫通(アパドラビア)1
亀頭の下の部分(フレナム)1
陰嚢(ハファダ)3
会陰部(ギーシュ)3

ホールの大きさは尿道口(プリンスアルバート)が4Gで他はすべて12G。

陰嚢(ハファダ)のうちの2つと会陰部(ギーシュ)のうちの2つにはピアスにピアスがぶら下がっています。
プリンスアルバートは尿漏れのため、普段は外して耐水性の絆創膏で塞いでいて、4Gのリングは一番奥のギーシュにぶら下がっています。他に6Gのリングが一番奥のハファダにぶら下がっていますが、女性に見せたりするときは、きちんと尿道口に取り付けます。一番奥のギーシュには12Gだけでなく16Gのものも一緒についています。

平常時はこんな感じです
勃起時の写真
後ろから見るとこんな感じ



尿道口に4Gのバーバルを取り付けることもありますが、まだ写真を撮っていません。ぶら下げたものを含めて最高で18個(普段は17個)付けたことがあります。
裸で歩くとジャラジャラ音がしますが、ズボンを履けばほとんど無音です.


私の性器を見たりいじったりしたい女性、私のヌード写真を撮りたい女性は、zzz1024@mail.goo.ne.jp (「@」を半角にしてください。)までメールください。

copyright © 2005 Powered By DTIブログ allrights reserved
close